クーリングオフの支払い停止の内容証明郵便を送る時はコピーの控えを残すべき?

内容証明郵便のコピーの必要性

クーリングオフの手続き申請の際に内容証明郵便の効果は絶大ですが、万が一に備えてコピーを取って控えの準備をしておいた方が、より安全で確実にクーリングオフの実施に導きます。業者によっては悪徳な企業も存在しますし内容証明郵便が送られていない等といった嘘をつき、契約停止を阻止しようと企てる業者も中には存在しています。
そういった事態に遭遇した場合に、コピーで控えを取って保管しておくと、確かにクーリングオフの申請を行ったという証明にもなりますので、相手側の如何なる反論にも対抗が出来る確実な手段としての効果を発揮しますので、内容証明郵便の提出の際にはコピーで控えも取っておきましょう。そうすれば、トラブルの回避にもなりますし相手側の嘘も見破れるのでうろたえることもありません。万が一の事態に備えて、コピーで控えの準備をしておくのは重要だと言え消費者が確実にクーリングオフを行うためにも必須事項と言えます。

コピーを取っておけば万が一の事態でも安心

内容証明郵便は差出人と受取人、それに加え郵便局の3箇所に提出しなければならないとされていますが、クーリングオフを実現されるまでに相手業者ともどのような事態に発展するか定かではありませんし、話がこじれてトラブルにも発展するかも知れません。クーリングオフの停止を行おうと嘘を言って来る悪徳業者も存在するので、内容証明郵便は手続きだけではなく控えも取っておく必要性があります。
確かな契約停止の実行のためにも、クーリングオフを申請したという証拠は必要不可欠であり、如何なる反論や嘘から消費者を守るためにも必須事項と言えます。クーリングオフによる商品の取引停止を実行する場合には、様々なトラブルが付き物であると同時に、実施期間も決められておりますので時間との勝負でもあります。控えを取っておけば、より確実にクーリングオフの実現が可能ですし、トラブルを回避するためにもあらゆる事態を想定して準備するに越したことはありません。

まとめ

内容証明郵便を申請する場合には、料金や書類等様々なものを準備する必要がございますが、万が一の事態にも備えて書類のコピーも取っておいた方が無難に申請が出来ます。そうすれば、相手側の企業がどのような出方をして来ても対抗が出来ますし、クーリングオフの実施の証明にもなりますので確実に実施するためにも、横着せずにコピーは取っておいた方が確実な契約停止に繋がります。あらゆるトラブルを避けるためにもこのような準備は必須だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です